雑学・ニュース・旬のネタを数字で読み解き、ちょっとだけ世の中に対する理解を深めます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

他の理由は何だろう?

犯罪発生率と失業率(都道府県別)

昨日のエントリーでここ20数年の日本全体の犯罪発生率と失業率については、高い相関関係があると述べた。

それでは都道府県別でも高い相関はみられるのか?と思ったので調べてみた。

上の図は2008年の犯罪発生率と失業率を都道府県別に並べたものです。

うーん、全然関係なさげです。。。相関係数0.07だって。。。

犯罪発生率と失業率の間には高い関連性があるが、
都道府県別の発生率の違いには、全く別の原因があるようです。

↓↓読んでいただきありがとうございます!ポチっとクリックをお願いします!!
にほんブログ村 ニュースブログへ人気ブログランキングへ
web拍手

犯罪件数と失業率

犯罪認知件数と完全失業率の推移

犯罪の発生件数と失業率の関係はよく言われているが、実際にどの程度の関連性があるかは知らなかったので、総務省の人口統計と警察庁の犯罪白書からデータを取得し、グラフを作成してみた。

1997年から2002年までの上昇、2003年からの下降と二つのグラフは同じような動きをしているように見える。
確かに、関連性が高そうですね。

相関分析を行ってみたところ、相関係数は「 0.9 」と高い関連性があることが確認できた。

当たり前と言えば、当たり前の話で、
失業して収入が無い→犯罪に走るということですかね。

これだけ関係があるんだったら、犯罪と失業の両方に効く対策として、
警察官にしないまでも、警察の補助的な人員として雇えばいいとか単純に考えたりしちゃいますね。
政府の財政支出が必要になりますが、無駄な道路作るよりはいいかと。
まぁ、いろいろ問題が多いんだろうけど。(笑)

↓↓読んでいただきありがとうございます!ポチっとクリックをお願いします!!
にほんブログ村 ニュースブログへ人気ブログランキングへ
web拍手

犯罪発生率と人口密度

20100121
↑クリックすると拡大されます!

前回のエントリーで都道府県別の犯罪発生率について述べました。

都道府県別に最大で4倍の差があることはわかりましたが、「じゃあ、なんで?」

大阪ってなんかガラ悪い人が多いのかなぁ
東北の方は寒いから家から出ず、犯罪が発生しにくいのかなぁ

とか、妄想を膨らますことはできるわけですが、ここは何か数字で示すことはできないかと思い、
以下の仮説に基づいて、犯罪発生率と人口密度のグラフを重ねてみた。

「 人口密度が高いと人が接触し易いっぽいので、トラブルも多いかも? 」

結果、う~ん微妙。。。首都圏の人口密度が高いくらいしかわかりません。(笑)
相関分析も行いましたが、正の相関係数が0.55でしたので、関連性があるとは言えなそうです。

今日は空振り。
他の数字で何か関係ありそうなものはなんだろ?
失業率との関係性はよく言われるけど、都道府県でもそうなのか?
外国人の居住率とか教育水準とか関係あるんだろうか?

↓↓読んでいただきありがとうございます!ポチっとクリックをお願いします!!
にほんブログ村 ニュースブログへ人気ブログランキングへ

web拍手
ご訪問ありがとうございます
当サイトを気に入ったら、、、
★ランキングで応援!! にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキングへ
★ブックマーク/RSSリーダに登録
プロフィール

か~る

■ニックネーム:か~る
■東京都西東京市在住
■1976年生まれ
■IT系企業で企画業務を担当
ご意見・ご指摘のコメントをいただけると励みになります。よろしくお願いいたします。

ブログの記事もツイッターへ

PR
リンク
QRコード
QR
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
関連エントリーメーカー
ブログパーツ.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。