雑学・ニュース・旬のネタを数字で読み解き、ちょっとだけ世の中に対する理解を深めます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

江戸・明治時代の人口は?

近代以前の日本の人口

江戸末期から明治維新時の推定人口
国立社会保障・人口問題研究所:「人口統計資料集」より転載

昨日のエントリーで、1920年からの日本の人口の推移を確認した。

もう少し調べたところ、国立社会保障・人口問題研究所の統計データに面白いデータがありました。上の表です。

これによると、

奈良時代初期 : 451万人
平安時代初期 : 550万人
平安時代末期 : 684万人
戦国時代末期 : 1227万人
江戸時代末期 : 3383万人


江戸時代が始まった頃が、現在の10分の1の人口。現在の東京都の人口位かぁ。
そして、平和な時代が260年続いた後の江戸末期には約3倍の人口に増加しています。

そこからまた53年後の昭和初期には、また2倍の約6000万人へと増加をしていったわけですね。

明治維新後、列強の国々と肩を並べるために、富国強兵に励み、無理矢理人口を増やしてきたことがわかります。

背伸びしなかった時の日本にとって適正な人口って、どの位なんでしょうね?
この議論無しに、年金問題などの政策論議は、根本解決にはつながらない気がするのは私だけでしょうか?
「何人の国民」が「どの程度の生活水準」の国家を目指すかって議論はどこでなされてるんでしょうかね?


よく福祉先進国の成功事例として引き合いに出される北欧諸国なんかは、日本の江戸時代よりも少ない人口だったりするわけで、、、

このままいったらどうなるか?将来人口推計なんかを次回以降取り上げてみます。

読んでいただきありがとうございます!ポチっとクリックをお願いします!!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
web拍手
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
ご訪問ありがとうございます
当サイトを気に入ったら、、、
★ランキングで応援!! にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキングへ
★ブックマーク/RSSリーダに登録
プロフィール

か~る

■ニックネーム:か~る
■東京都西東京市在住
■1976年生まれ
■IT系企業で企画業務を担当
ご意見・ご指摘のコメントをいただけると励みになります。よろしくお願いいたします。

ブログの記事もツイッターへ

PR
リンク
QRコード
QR
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
関連エントリーメーカー
ブログパーツ.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。