雑学・ニュース・旬のネタを数字で読み解き、ちょっとだけ世の中に対する理解を深めます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

90年前の日本の人口は?

日本の人口推移(1920~)
総務省:「人口の推移と将来人口」より作成

「 日本の人口は何人でしょう? 」と聞かれたら、私の子供の頃から「 1億2千万人 」と答えておけば、まぁ正解でした。

「 では、90年前の日本の人口は? 」と聞かれて即答できる人は多くはないんじゃないでしょうか?
(というか、私は最近まで知りませんでした。)

現在の政策を正しく理解する上で、個人的には、「 人口 」というのが大前提のベースで知っておかなければならない数字だと思っています。

過去の日本の人口くらい知らなきゃ恥ずかしい。。。

と思い調べたところ、総務省の統計では1920年(大正9年)からの数字があり、上の通りグラフにしておきました。

90年前の1920年で約5600万人、1925年(大正14年)で約6000万人です。
昭和初期の日本の人口は、約6000万人だったと記憶しとけばいいですかね。

1945年の第二次世界大戦の時に、人口の現用が見られるものの、1990年位まで右肩上がりで日本の人口が増え続け、倍以上の人口に増加しているのがわかります。

現在、大きな問題となっている年金制度ですが、国民年金法が施行されたのが1961年、その後の改正が1985年という時代と上のグラフを見て、時代背景を想像すると、なぜ今こんな問題になっているのか?についてちょっとだけ深みを持って理解できる気がします。

人口の問題は、別エントリーでもう少し取り上げていこうと思います。

読んでいただきありがとうございます!ポチっとクリックをお願いします!!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
web拍手
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
ご訪問ありがとうございます
当サイトを気に入ったら、、、
★ランキングで応援!! にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキングへ
★ブックマーク/RSSリーダに登録
プロフィール

か~る

■ニックネーム:か~る
■東京都西東京市在住
■1976年生まれ
■IT系企業で企画業務を担当
ご意見・ご指摘のコメントをいただけると励みになります。よろしくお願いいたします。

ブログの記事もツイッターへ

PR
リンク
QRコード
QR
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
関連エントリーメーカー
ブログパーツ.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。