雑学・ニュース・旬のネタを数字で読み解き、ちょっとだけ世の中に対する理解を深めます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

ツイッター2010年1月の訪問者数473万人

2009年から日本においても急速な普及を始めている「 twitter(ツイッター) 」
政治家や有名人が利用していることを数々のメディアが取り上げ、一種のブームになっている。

私も以前にアカウントだけ取得していたものを掘り起こして、また使い始めてます。
「 これ、どうやって使うんだ?? 」というのが正直なところで、まだ試行錯誤状態です。。。

で、私の中ではまだ馴染めていないツイッターの普及度はどの程度なんだろう?と思い調べてみました。

参考サイト :  「Amebaなう」がサービス開始2カ月で100万人を突破

このソースのタイトル自体は、ツイッターの類似サービスの「Amebaなう」の普及を示すものですが、中を見てみると比較対象として、ツイッターの月間訪問者数の数字が出ていました。

2010年1月のツイッター訪問者数は、473.2万人

日本国民の約4%位が利用している程度ですので、本格的な普及はまだまだこれからでしょう。

で、このツイッター、チベット最高指導者のダライラマ氏も使い始めたようです。

参考記事 : チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世がTwitter開始

うーん、ツイッターって、何か政治的利用の道具としての側面が強いそうな気がするな。。。

誰もが簡単に参加し、ゆるい繋がりの中で、双方向性でのコミュニケーションを行うことで、共感を得ることができるという特徴を持っています。
一方的に情報を伝えられるのではなく、伝えられた情報に自ら参加して情報を加えるわけですから、その共感度合いというのは強いものになると思われます。

テレビ、新聞といったマスコミによる一方通行の世論誘導から、新しい時代の双方向性を持った世論誘導・プロパガンダ装置としての役割を果たすのではないでしょうか。(陰謀論的ですみません。)

と言いつつ、私も新しいツールには興味津津ですので、このサイトでも取り入れてみました。
下の「つぶやく」ボタンで、自分のツイッターでつぶやくことができ、「フォロー」ボタンで私のアカウントをフォローすることができます。
このブログの更新情報なんかがタイムリーに飛んでいくようにしてありますので、よろしかったらどうぞ!

読んでいただきありがとうございます!ポチっとクリックをお願いします!!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
web拍手
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
ご訪問ありがとうございます
当サイトを気に入ったら、、、
★ランキングで応援!! にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキングへ
★ブックマーク/RSSリーダに登録
プロフィール

か~る

■ニックネーム:か~る
■東京都西東京市在住
■1976年生まれ
■IT系企業で企画業務を担当
ご意見・ご指摘のコメントをいただけると励みになります。よろしくお願いいたします。

ブログの記事もツイッターへ

PR
リンク
QRコード
QR
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
関連エントリーメーカー
ブログパーツ.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。