雑学・ニュース・旬のネタを数字で読み解き、ちょっとだけ世の中に対する理解を深めます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

新聞の発行部数は確かに減ってるけど、、、

新聞発行部数推移
社団法人 日本新聞協会:「新聞の発行部数と世帯数の推移」より作成


先日のエントリー情報源は何ですか?で、インターネットが普及し、情報源として新聞を上回ったという数字を確認しました。
実際に新聞社が赤字に陥っているなんてニュースも耳にする機会が増えています。

では、新聞の発行部数自体はどうなっているのか?
と、調べてみたのが上のグラフです。

想像していた通り、見事な右肩下がり。。。

1999年の総発行部数は5376万部、1世帯当たり部数1.15
2009年の総発行部数は5035万分、1世帯当たり部数0.95


10年前と比較して、総発行部数は93.6%に、1世帯当り部数は82.6%に減少しています。

確かに減少してきてはいるものの、平均すると1世帯に約1部が発行されているというのもまたスゴイ数字ですね。
世論への影響力がまだまだ大きいわけです。

もしや、こんなに新聞が広まってるって、日本て世界一なんじゃないの?
気になったんで、調べて次回のエントリーでアップしようと思います。

読んでいただきありがとうございます!ポチっとクリックをお願いします!!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
web拍手
コメント
No title
>もしや、こんなに新聞が広まってるって、日本て世界一なんじゃないの?
>気になったんで、調べて次回のエントリーでアップしようと思います。

そのへん気になりますよね。日本だけなんじゃないの?って。
むこうの新聞はうまいことネットへシフトしてると聞いたことがあります。
2010/02/21(日) 01:12 | URL | ドラノコ #-[ コメントの編集]
Re: No title
アメリカなんかも、新聞各社は苦境を強いられています。
電子版を無料で提供してきたところ、有料モデルに切り替えようとして失敗しているようで、方法を模索してるみたいですよ。

> >もしや、こんなに新聞が広まってるって、日本て世界一なんじゃないの?
> >気になったんで、調べて次回のエントリーでアップしようと思います。
>
> そのへん気になりますよね。日本だけなんじゃないの?って。
> むこうの新聞はうまいことネットへシフトしてると聞いたことがあります。
2010/02/21(日) 16:45 | URL | か~る #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
ご訪問ありがとうございます
当サイトを気に入ったら、、、
★ランキングで応援!! にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキングへ
★ブックマーク/RSSリーダに登録
プロフィール

か~る

■ニックネーム:か~る
■東京都西東京市在住
■1976年生まれ
■IT系企業で企画業務を担当
ご意見・ご指摘のコメントをいただけると励みになります。よろしくお願いいたします。

ブログの記事もツイッターへ

PR
リンク
QRコード
QR
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
関連エントリーメーカー
ブログパーツ.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。