雑学・ニュース・旬のネタを数字で読み解き、ちょっとだけ世の中に対する理解を深めます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

情報源は何ですか?

情報源
文化庁:平成20年度「国語に関する世論調査」より作成

このブログを開始してから、1か月以上経ちました。
「なるべく毎日更新したいなぁ」と思い、日々の情報収集が楽しくなっている今日この頃です。

私の情報収集のメインは、もっぱらネットなわけですが、世間一般にはどうなんだろうか?
だいぶネットの発信力が強くなってきている印象はありますが、まだまだテレビや新聞の影響が強いのも事実。

と思って、探したら、文化庁が調査したデータがありました。
それをグラフにしたのが上の図です。
(エクセル形式の時系列データがアップされてないので、単純なH13とH20の単純な比較です。文化庁アップしてくれよ。。。)

これは、「毎日の生活に必要な情報源な何か?」という質問に、16歳以上の男女1954名に対して、個別面接調査で行った調査の結果です。

テレビ : 92.6%⇒86.0% (6.6P減少)
新聞  : 87.1%⇒76.6% (10.5P減少)
ネット : 12.6%⇒29.8% (17.2P増加)


ということで、テレビ・新聞は減少、ネットは増加というところはいいのですが、感覚的には「ネットってこんなもんか?」という印象です。

携帯電話を加えても、41.9%となりますが、まだ少なく感じます。。。

はい、それもその通り年代別に見ると大きな差があります!

テレビ
新聞
ネット

私の年齢、30代で比較すると上のグラフの通り。(加工する時間がなかったので、まんま転載です。)

テレビ : 92.3%⇒79.1% (13.2P減少)
新聞  : 85.1%⇒65.2% (19.9P減少)
ネット : 24.3%⇒55.0% (30.7P増加)


各世代の中で最もネットを情報源としているのが30代という結果です。
その数字は新聞と10.2P差とかなり迫ってきており、携帯電話を加えるとすでに新聞を抜きテレビに迫っている事が推測されます!

30代というのは、20代の時にウィンドウズ98が登場、インターネットの加速度的な普及を経験してきている世代です。
また、団塊ジュニア世代と呼ばれる層を中心に、日本の人口動態におけるボリュームゾーンです。

すでになってきてますが、「情報源の主流がインターネット」の時代に突入していることがわかりますね。

↓↓読んでいただきありがとうございます!ポチっとクリックをお願いします!!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ
web拍手
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
ご訪問ありがとうございます
当サイトを気に入ったら、、、
★ランキングで応援!! にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキングへ
★ブックマーク/RSSリーダに登録
プロフィール

か~る

■ニックネーム:か~る
■東京都西東京市在住
■1976年生まれ
■IT系企業で企画業務を担当
ご意見・ご指摘のコメントをいただけると励みになります。よろしくお願いいたします。

ブログの記事もツイッターへ

PR
リンク
QRコード
QR
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
関連エントリーメーカー
ブログパーツ.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。