雑学・ニュース・旬のネタを数字で読み解き、ちょっとだけ世の中に対する理解を深めます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

理解ができません。児童虐待死。

児童虐待相談件数推移
厚生労働省:平成20年度社会福祉行政業務報告より作成

本日、会社の昼休みにネットのニュースを見ていて頭が混乱したニュースがあった。

参考記事 : 父親に懲役12年求刑 2歳児監禁致死

この記事では、児童が父親にゴミ箱に閉じ込められて窒息死したとしか記されていないが、他の記事では、「電子レンジに閉じ込め一瞬スイッチを入れた。」「洗濯機に入れた。」と報じられていたが、その記事はすでに削除されていました。。。

児童虐待のニュースは、最近よく耳にする。実際、どの程度発生しているのか調べてみたのが上のグラフです。
この5年で増え続け、平成20年度で42664件の児童虐待相談が児童相談所に寄せられています。

虐待者の内訳は、平成20年度で、実母が約60%、実父が25%を占めています。
虐待者構成比

私の頭では全く児童虐待をする人間の感覚が理解できないのですが、世の中ではこれだけの相談が寄せられており、潜在的には、この何倍も発生しているのではないかと思われます。

現在、一般的に取られている施策は、早期発見・対応のため、周囲の人間が早めに気付き通報してほしいと訴えるとか窓口対応の改善とか、対処法しか語られていないよう気がします。

直接的な原因が何というより、経済情勢、就業、所得、教育、etcの総合的な結果として、歪みが生じてしまっているのでしょう。
このような悲劇を無くすためにも、各方面の施策をしっかりとうってもらいたいものです。


↓↓読んでいただきありがとうございます!ポチっとクリックをお願いします!!
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

web拍手
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
ご訪問ありがとうございます
当サイトを気に入ったら、、、
★ランキングで応援!! にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキングへ
★ブックマーク/RSSリーダに登録
プロフィール

か~る

■ニックネーム:か~る
■東京都西東京市在住
■1976年生まれ
■IT系企業で企画業務を担当
ご意見・ご指摘のコメントをいただけると励みになります。よろしくお願いいたします。

ブログの記事もツイッターへ

PR
リンク
QRコード
QR
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
関連エントリーメーカー
ブログパーツ.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。