雑学・ニュース・旬のネタを数字で読み解き、ちょっとだけ世の中に対する理解を深めます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

10年後の僕らの給与は??

世代別平均年収推移
国税庁「民間給与実態統計調査結果」より作成

さて、昨日に引き続き給与の話です。
毎年のその時点での年齢層別の平均給与については昨日述べましたが、ちょっと見方を変えて、
各世代(●●年生まれ)の人が、それぞれの年齢においてどれだけ給与をもらい、どう推移してきたか?
をグラフにしてみたものが上の図です。

昭和19年~23年の団塊の世代は若い頃は、物価の違いもあり平均給与は低かったけれども、その後、急激に伸びています。
昭和49年~53年のいわゆる団塊ジュニア世代に関しては、初任給の頃は各世代に比べても高かったが、その伸びは5年先輩、10年先輩よりも鈍いというのが見てとれます。
年齢を重ねても以前と比較すると、年収の伸びは鈍くなっている。というのがわかります。

うーむ、、、正に私の世代なんですが。。。何だかやっぱり将来が不安になります。
ということで、悪いシナリオを今からちゃんと受け入れて備えようと自分に言い聞かせ、現在のトレンドを継続し、毎年平均年収が1%ずつ減少していったとしたら、10年後はどうなるだろう??というのを無理矢理計算してみました。

世代別平均年収推移予測

10年後でも年収558万円、600万円も超えません。。。
しかも、年収のピークを迎えるのが早くなっていますので、ここがピークかもしれません。


あくまで、私が勝手に妄想しているだけで、どこかのシンクタンクの予測でもなんでもありませんが、
こんな将来が待ってるかもしれないというのを認識しつつ、「 今、何をすべきか? 」を考えるのも悪くないと思います。


↓↓読んでいただきありがとうございます!ポチっとクリックをお願いします!!
にほんブログ村 ニュースブログへ人気ブログランキングへ
web拍手
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
ご訪問ありがとうございます
当サイトを気に入ったら、、、
★ランキングで応援!! にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキングへ
★ブックマーク/RSSリーダに登録
プロフィール

か~る

■ニックネーム:か~る
■東京都西東京市在住
■1976年生まれ
■IT系企業で企画業務を担当
ご意見・ご指摘のコメントをいただけると励みになります。よろしくお願いいたします。

ブログの記事もツイッターへ

PR
リンク
QRコード
QR
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
関連エントリーメーカー
ブログパーツ.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。