雑学・ニュース・旬のネタを数字で読み解き、ちょっとだけ世の中に対する理解を深めます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手

2011年3月新卒有効求人倍率は1.28倍


リクルートワークス研究所:「 大卒求人倍率調査(2011年卒)」より引用

しばらく間が開いてしまいましたが、久々のエントリーです。

世界各地で金融危機の影響を引きずり、ギリシャを始めとしたユーロ圏の国々(PIIGS)の財政問題等、いくつもの火種がある一方で、NYダウや日経平均の株価指標の上昇、企業業績の回復傾向が見られ始めていると報道されています。

そんな情勢の中で、2011年3月卒業予定の大学新卒の有効求人倍率がリクルートワークス研究所から発表されたました。

参考記事 : 来春の大卒求人数が2割減少 8年ぶり低水準

2011年度の大卒有効求人倍率は、1.26倍
だそうです。
厳しい、厳しいと言われていた昨年の数字が1.62倍でしたから、さらに厳しいと言えるでしょう。
(といっても、1.00倍は超えてます。)

それを感じとってか、明らかに昨年とは違う就職活動の傾向が数字で表れています。
企業規模別の有効求人倍率です。

300人未満の企業 : 2010年(8.43倍)⇒2011年(4.41倍)
5000人以上の企業 : 2010年(0.38倍)⇒2011年(0.47倍)


昨年の就活生は、金融危機の影響から、「安定志向・大企業志向」という傾向が強かったと記憶しています。
ところが、今年は上記の数字のように、大企業の志望者が若干減り、中小企業への志望者が増えているように見えます。

これは恐らく、学生達が明るい未来を夢見てチャレンジ精神旺盛になったという前向きな動きではなく、昨年の先輩達の活動状況を見て、「安定志向は変わらないけど、大企業を目指して内定をもらえなかったら最悪。小さい企業でもいいから、とりあえず内定が欲しい。」という、より現実的な就職活動をしていることを表しているのでしょう。

その年の経済状況によって、新卒者のマインドが大きく左右されてしまうという、日本企業の人材採用の慣習というものは考えものですね。
参院選に向けて、自民党が新卒採用したら100万円助成金を出して完全雇用を目指す「トライアル雇用制度」なんてのを公約に掲げるようですが、これじゃなんの解決にもなってないです。極端な話、企業は100万もらって安い給与で若い人材を使い捨てを助長しているようなもんです。

と、批判しつつも私に何かいいアイデアがあるわけではないんですが、、、
「雇用の流動化」に対応した制度が学校・企業・国に求められているのは間違いないです。

読んでいただきありがとうございます!ポチっとクリックをお願いします!!
にほんブログ村 ニュースブログへ人気ブログランキングへ
web拍手
スポンサーサイト

大麻・覚せい剤の使用経験者数276万人!?

先日、覚せい剤関連の検挙件数について調べてみましたが、今度はタイミングよく大麻・覚せい剤の使用経験者の推計が以下の記事の通り、発表されていました。

276万人が使用経験者であり、
薬物別(複数回答)だと、
有機溶剤 :約179万人
大麻  : 約136万人
覚せい剤 :約32万人

といった推計が示されています。

「これまでに使ったことがあるか?」という質問なので、常用使用ではなく、1回でも使っていたら使用経験者になるわけですから、そりゃあ、これ位はいますよね。
むしろ少ないかも。

有機溶剤(シンナー)なんてのが一番多いわけですが、30年前の全盛期の不良・暴走族にしてみれば、経験する機会は多くあったんじゃないでしょうか。
興味本位とか度胸試しで何回かやったみたというのは多いと思います。

また、海外旅行によくいく数人から、「合法地域でマリファナ吸った」などという話を聞いたことがあります。
最近、田原聡一郎もそんなこと言って問題になってました。。。

現在の社会の混迷具合から考えると、薬物の問題はこれからも増えていくんじゃないでしょうかね。

お隣の中国の台頭により、シームレスな経済活動圏が形成されつつありますが、今後も益々その傾向は強まっていきます。
まだまだ安い中国の人件費と競争することで、「安い賃金でこき使われ、かつ不安定な雇用の日本人が増える」時代になるでしょうから、社会全体のストレスは増え続けますね。
薬物使用に傾いてしまう人も増えてしまうでしょう。

こんな状況で、合法的に手軽なストレス解消手段(たばこ、酒、その他娯楽)に規制をかける方向で世の中が進むのはどうかと思っちゃいます。
政府が作る指標「国民の幸福度」の視点で、バランスよく政策を立ててもらいたいものです。



~ 以下、引用開始 ~

大麻・覚せい剤など、276万人が経験か

 大麻や覚せい剤などの違法薬物を使った経験がある人は2・9%で、日本全国では推計約276万人に上ることが、厚生労働省研究班(研究代表者=和田清・国立精神・神経センター薬物依存研究部長)の調査で分かった。

 調査を開始した1995年以来、最も高い割合で、薬物汚染の広がりを裏付けた格好だ。

 調査は昨年9~10月、15~64歳の5000人を対象に実施。大麻、覚せい剤、MDMA、コカイン、ヘロイン、有機溶剤(シンナーなど)の使用歴などを尋ね、63・8%の3191人から回答を得た。そのうち、いずれかの薬物を使用した人の割合は、過去最悪だった01年の2・7%を上回る2・9%だった。

 全国の人数については地域や年齢といった要素を加えて分析し、276万人になると推計した。

 薬物別(複数回答)では、有機溶剤1・9%(推計約179万人)、大麻1・4%(同約136万人)、覚せい剤0・3%(約32万人)。

(2010年3月14日03時08分 読売新聞)

~ 引用終了 ~
読んでいただきありがとうございます!ポチっとクリックをお願いします!!
にほんブログ村 ニュースブログへ人気ブログランキングへ
web拍手

覚せい剤関連の検挙件数 ~JAYWALKのボーカル逮捕~

薬物検挙状況
警察庁:「平成21年警察白書」より作成

本日のニュースで懐かしのJAYWALKのボーカルが、覚せい剤所持で逮捕されました。

参考記事 : 【JAYWALK逮捕】覚醒剤所持で事務所が会見 CDは発売中止

芸能界での覚せい剤の蔓延がうんぬんかんぬん、、、といった事が言われていますが、そんなもん昔からいくらでもあった話ですね。

昨年の酒井法子の報道は明らかに「異常」でした。
政権交代のかかった衆議院選挙を前にして、この異常な報道により、選挙関連報道が大幅に減少されていたそうです。
(植草氏のブログで指摘されています。)
こういう政治のための報道には嫌気がさします。

薬物関連の検挙が日本でどの程度あるのか気になったので、調べてみた。

上の表の通り、覚せい剤関連の検挙件数で15810、人員数で11025人程度です。
正直、この変のことは疎いので、この数字の大きさに関してはよくわかりません。
ただ、あれだけ薬物が蔓延している、、、と報道している割には、検挙人員が国民1万人に一人程度というのは、少ないような感じがしなくもありません。(今度ちゃんと時系列の推移を調べます。。)

この表を見て、一番驚いたのは、「大麻の使用」は取締りの対象外という点です。

所持しているのは犯罪だけど、使用するのは犯罪では無い。。。
これって常識何でしょうか。私、全然知りませんでした。

大麻に関しては、戦前は特に取締りがあったものではなかったとか、昔から薬として使用されてきたとか、様々な歴史的な背景があってこのような法律になってるんでしょうね。

読んでいただきありがとうございます!ポチっとクリックをお願いします!!
にほんブログ村 ニュースブログへ人気ブログランキングへ
web拍手
ご訪問ありがとうございます
当サイトを気に入ったら、、、
★ランキングで応援!! にほんブログ村 ニュースブログへ 人気ブログランキングへ
★ブックマーク/RSSリーダに登録
プロフィール

か~る

■ニックネーム:か~る
■東京都西東京市在住
■1976年生まれ
■IT系企業で企画業務を担当
ご意見・ご指摘のコメントをいただけると励みになります。よろしくお願いいたします。

ブログの記事もツイッターへ

PR
リンク
QRコード
QR
逆アクセスランキング
アクセスカウンタ
関連エントリーメーカー
ブログパーツ.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。